希望の箇所にタトゥーがある場合もサロンでの脱毛は大


希望の箇所にタトゥーがある場合もサロンでの脱毛は大丈夫なのでしょうか。
近々脱毛サロンに通おうと思っている人は懸念事項というところでしょう。
あいにくですが、普通、脱毛サロンで施術に用いているフラッシュ脱毛だと施術を受けたい部分にタトゥーがあると十中八九無理でしょう。
脱毛の施術に用いるフラッシュは黒いもの全てに影響するため、タトゥー部分が火傷してしまう恐れがあるからです。20代や30代の女性が昨今脱毛したがる部位に有力な候補がIラインです。
注意が求められる箇所ではありますが、女性の施術スタッフしかいませんし、ここに毛があるのはあくまで普通のことです。
一般的な欧米人は処理するものですし、恥ずかしさを感じなくてもいいのです。
Iライン脱毛の効果として、つけたい水着や下着を何も気にすることなく着用できますし、衛生的にもおすすめです。現在、ピルを飲んでいる場合も、大筋としては脱毛可能と言えます。
ですが、体内のホルモンバランスがピルの影響を受けますので、ムダ毛の量にばらつきが出たり、肌はいつもと比べてデリケートです。
そのため、脱毛サロンによっては、施術時に照射される光に起因して施術した箇所にシミが出てくる危険性を減らそうと、日常的にピルを飲んでいる人への施術はお断りすることもあるようです。
剃ることは悪くないのですが、脱毛サロンで施術を受ける予定部分は抜いてはダメです。
また、通っている期間も同じで施術箇所の毛を抜くことは脱毛効果を弱めるのです。施術する際は光をあてますが、毛の黒いメラニン色素に光線が反応し、ムダ毛の毛根を破壊するというものです。
もし、抜いてしまったら、肝心の黒い部分が減ってしまって、脱毛効果が弱まってしまうのです。
脱毛のためにレーザーを使うのは、脱毛をしたい部分にレーザーを当ててもらい、ムダ毛を生成する組織をつぶしてしまうメソッドです。
エステなどの光脱毛に比べると威力が大きく、お肌に負荷がかかることになる上、強い痛みを感じることも多いです。
医師の監督を受けてでないと行いない方法ではありますが、一般の家庭で利用可能なレーザー脱毛器も手に入れることができます。
脱毛サロンに行くときは原則、シェーバーなどを使って施術箇所の毛を剃った状態で行くべきとされています。
肌にムダ毛があるままだと施術の光が毛穴まで届きづらいので、脱毛の効果が低下するためです。
剃ったその日に施術を受けるとなると、シェーバーが肌を傷つけていることもありえるため、遅くとも予約の前の日までに処理しておくのがいいでしょう。
妊娠中の女性に脱毛施術を受け入れる脱毛サロンはほぼ無いでしょう。
妊娠前と違ってホルモンバランスが崩れてしまう為、施術をしても脱毛の効果が出にくかったり、肌に炎症を起こしてしまう可能性があるのです。施術回数が残っているときに妊娠の疑いが出てきたら、授乳終了までなどサロンで期間の違いはあるものの、コースの休会や延長ができることもある為、申込む前にそういったコースや制度を確認しましょう。

コメントを残す